パワースポット編集局 POW!

全国都道府県別のパワースポットを網羅 おすすめから穴場までアクセス情報も詳しく紹介

関西のパワースポット

伏見稲荷大社は金運アップのパワースポット【ルポ】属性説は俗説!?見どころや効果紹介

投稿日:2018年5月22日 更新日:

みどころ満載の伏見稲荷大社。電車でのアクセスも良く、金運アップのご利益があるとして人気が高い。

伏見稲荷大社(京都市伏見区)は、京都でも「超メジャー級」のパワースポットです。

伏見稲荷大社は、「千本鳥居」など見どころが多く、外国人観光客の姿も目立ちますが、何かと誤解の多い神社でもあります。

「狐の神様」というイメージが定着している上、「相性」や「属性」、「向き・不向き」などの俗説を気にする人も少なくありません。

結論から言うと、一切気にする必要はありません。

むしろご利益の効果は、その歴史と信仰の厚さが証明するところではないでしょうか。

豊臣秀吉が母の危篤時に参拝したという記録も残っています。

 

今回は「ネガティブな俗説」に振り回され、せっかくの神様とのご縁を棒に振らぬよう、伏見稲荷大社の見どころや注意点などを紹介します。

 

伏見稲荷大社の神様は狐!? 相性や属性の話は本当?

伏見稲荷大社はその美しく幻想的な空間に外国人観光客からの支持を集める。閉門時間はない。観光スポットとしても優秀だ。

伏見稲荷大社は、全国に約3万社あるといわれる「お稲荷さん」の総本社。

五穀豊穣商売繁盛の神様として、1300年以上も前から人々の信仰を集めてきました。

金運アップのご利益を求めて、連日多くの参拝者でにぎわいます。

 

お稲荷さんといえば狐をイメージしがちですが、実は「狐の神様」をお祭りしているわけではありません。

狐(白狐)はあくまでも「眷属」(けんぞく)と呼ばれる神様のお使いで、「狛犬」と同じ立ち位置です。

実際、伏見稲荷大社に行くと、白狐が狛犬と同じように、参道を挟んで一対で並んでいます。

 

主祭神は、食物をつかさどる「宇迦之御魂大神」(うかのみたまのおおかみ)をはじめとする5柱の神様。

5柱の神様を合わせて「稲荷大神」(いなりおおかみ)といいます。

 

「神社にも属性がある」というのは俗説です。

いわゆる「本物の方」をはじめ、複数の専門家筋から聞いた話でも、全員が否定的な見方を示しました。

とはいえ、確かに「相性がいいケース」はあるようです。

ただし、決して「生年月日」や「血液型」で決まるようなものではありません。

 

相性の良さは平たく言うと「ご縁」にかかわるもので、「行ってみなければ分からない」というのが本当のところだそうです。

また、逆に運気が下がるようなことは一般的にないとされます。

 

そのあたりの話題について、詳しく記事をまとめていますので、ご興味のある方はぜひ一読ください。

パワースポットの相性にまつわる詳しい情報はこちら

 

稲荷山の参拝 所要時間は2時間

伏見稲荷大社は「稲荷山」にあり、塚や社、ほこらが数えきれないほどあって、多彩な神様がお祭りされています。

また伏見稲荷大社は、背後に「山」があり、浄化をもたらす「川」が流れている立地条件からも、パワースポットの典型に合致するところです。

これまでコツコツと準備し努力してきたことがある場合、大きなご加護が得られ、ご利益の効果が一段と高まるといわれます。

 

また稲荷山は、超穴場のパワースポット「磐座神社」に分霊された神様が鎮まるなど、知られざるスピリチュアルな一面もあります。

この磐船神社には「謎に包まれた石碑」がありましたが、最近、伏見稲荷大社とのゆかりが紐解かれました。

記事に詳しくまとめましたのでぜひお読みください。

磐船神社の詳しい情報はこちら

 

稲荷山全体を巡拝するには結構なエネルギーが必要で、所要時間は2時間程度と決して楽な道のりではありません。

パワースポットの見どころを中心にめぐる場合は、30分~1時間が目安です。

 

以下のマップ写真が伏見稲荷大社の全体像になります。

少し雑な写真になってしまい、すみません…。

伏見稲荷大社の境内はとても広い。じっくり参拝する場合は半日かけてめぐる形になる。

伏見稲荷大社のみどころをめぐるのであれば所要時間30分程度でも可能だ。

 

観光地としても魅力

伏見稲荷大社は、「千本鳥居」や「おもかる石」な見どころがいっぱいで、外国人観光客の姿も目立ちます。

トリップアドバイザーによる2014年のランキング調査では、外国人観光客が選ぶ「日本で行きたい観光地」のナンバーワンに選ばれました。

伏見稲荷大社はアクセスもよく、京都の市街地までもすぐに繰り出せます。

拝観料が無料というのも、支持を集めるポイントです。

 

伏見稲荷大社 見どころパワースポット

稲荷山全体をめぐるには、それなりの体力が必要です。

もちろん山全体を巡礼するのがおすすめですが、観光を兼ねた場合など、時間に制約がある人も多いはず。

そこで、伏見稲荷大社の見どころをまとめました。

 

千本鳥居 京都観光の超定番

最大の人気スポットは千本鳥居。ここを目当てに伏見稲荷大社を訪ねる人も多い。

伏見稲荷大社の象徴的な存在が「千本鳥居」。

延々と続く「朱の結界」は、とても幻想的な光景です。

 

神域と俗世を分かつ鳥居の連続に魅せられる外国人観光客は多く、写真を撮る姿が目立ちます。

10m刻みにシャッターを切る外国人観光客やインスタグラムへの投稿を狙いにスマホをかざす人が後を絶ちません。

正直なところ、伏見稲荷大社は素晴らしいパワースポットですが、人の多さが難点です…。

 

朝早くか平日を狙えば、鳥居のトンネルを願かけしながら、比較的ゆっくり歩くことができそうです。

また閉門時間はありませんので、夜の幻想的な雰囲気を楽しむのもアリではないでしょうか。

 

千本鳥居がパワースポットの理由は?

伏見稲荷大社の千本鳥居がなぜパワースポットなのか――。

鳥居を通ることは、願いを「通す」、もしくは「通った」ことにつながりますので、願望成就の効果が期待できます。

また、千本鳥居に映える朱は「稲荷塗り」とも呼ばれ、魔力に対抗できる色とされます。

このほか、伏見稲荷大社によると、朱には「生命」「大地」「生産の力」が宿るとの考え方があります。

 

伏見稲荷大社全体の鳥居の数は、千本鳥居を含めてざっと1万基。

「願いが通った人」からの奉納が積み重なり、ここまで増えた鳥居の回廊――。

それは、伏見稲荷大社への信仰の厚さ、ご利益の大きさを物語っています。

 

熊鷹社は最強のパワースポット

熊鷹大社はみどころのひとつ。幻想的で厳かな空気が漂うパワースポットだ。

千本鳥居を抜けて、斜面に続く鳥居の回廊を抜けると、ほこらや塚がたくさんあらわれます。

さらにその奥、池に突き出す形で鎮座しているお社が伏見稲荷大社の末社「熊鷹社」(くまたかしゃ)です。

こちらも訪ねる場合は、参拝にかかる全体の所要時間として、1時間は必要になるイメージです。

 

熊鷹社では、羽白熊鷹(はじろくまたか)という「鷹の神様」をお祭りしています。

幾本ものろうそくの火がゆらめき、とても厳かな雰囲気を醸しています。

伏見稲荷大社の中でも、熊鷹社こそが「最強のパワースポット」と指摘される場所です。

そのただならぬ気配に、少し怖い印象を受ける人も少なくありません。

 

熊鷹社では、一発勝負のご利益が頂けるそうです

祈願用のろうそくは、向かいの休憩処「竹屋」さんで購入できます。

ビジネスなどで大きな勝負事を控える方は、足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

こだま池(新池)で行方不明者詮索!?

こだま池で占いもできる。隠れ人気パワースポットだ。伏見稲荷大社を訪れた際には是非挑戦を。

熊鷹社に面する池は「新池」という名前ですが、「こだま池」の愛称で親しまれています。

手を叩き、こだまが返ってきた方向には、行方不明者の手掛かりがあるといわれています。

またこの池は、「心願成就の占い」ができることでも知られます。

 

やり方は簡単。

まず熊鷹社で願いごとをした後、新池に向かって柏手を2回打ちます。

このとき、こだまが近くから返ってくれば願いは早くかない、遠くからだと遅くなるというものです。

 

「幸運の黒猫」に出会う

神社で動物に合うのは吉兆だ。伏見稲荷大社では、非常に縁起のいい黒猫に出会えるかもしれない。

黒猫は縁起が悪いというイメージをお持ちの方も多いようですが、むしろ逆。

日本では福猫といわれ、海外でも幸運を運ぶ縁起のいい存在としてとらえる国が多いのが実態です

夏目漱石の小説に登場する猫の「吾輩」も、黒猫がモデルという事実はあまり知られていません。

 

伏見稲荷大社でも多くの目撃談がありますが、案の定、管理人の真横を横切っていきました。

しかも、人に慣れているのでしょうか。

完全にカメラ目線です。

ちなみに場所は「こだま池」でした。

 

お山めぐりコースは4kmの道のり

ご神山をめぐる「お山めぐり」。時間にゆとりのある人は是非おすすめする。みどころも多い。

伏見稲荷大社の神体山である稲荷山。

このお山にある神蹟の参拝を「お山めぐり」といい、優れたパワースポットを余すところなく満喫されたい方におすすめです。

ただ、約4kmの道のりになる上、山だけに急な階段も少なくありません。

所要時間も2時間はかかりますので、時間にゆとりが必要です。

 

おもかる石 願望成就を占う

定番の人気スポット「おもかる石」。霊石をあげて運試しに挑戦して頂きたい。

千本鳥居を通り抜けると、奥社奉拝所がお目見えします。

ここに、伏見稲荷大社の人気スポット「おもかる石」があります。

休日は長蛇の列ができるほど、関心の高い占いです。

願いごとをしてから、この霊石を持ち上げ、予想より軽ければ「願いが叶う」、重いと「願いは遠い」という結果となります。

 

おもかる石自体は、住吉大社、星田妙見宮など、神社でよくみかける霊石ですが、目の前にあると試してみたくなるのが心情です。

 

最強の定番パワースポット「住吉大社」の詳しい情報はこちら

超穴場のパワースポット「星田妙見宮」の詳しい情報はこちら

 

根上りの松 腰痛や神経痛に効果!?

トレーダーにも人気の根上がりの松。金運アップが期待できる。

根っ子が地面から持ち上がって、股のように分かれている珍しい形の松です。

奥社奉拝所から熊鷹社に続く参道の途中にあります。

投資家の間では、「値が上がる値上がり松」として崇められています。

 

また、松の股を下からくぐると、商売繁盛、腰の病や肩こり、神経痛に効果があるとされ、「膝松さん」と呼ばれています。

また、投資家の間では、根っこが2つ持ち上がっていることから、「値が上がる値上がり松」として崇拝されています。

 

ただ、残念ながら現在は、ご神木が枯れてしまい、くぐることが禁止されています。

きっと、参拝するのにとどめておく方が無難です。

 

伏見稲荷大社 御朱印

伏見稲荷大社の御朱印は、本殿に向かって左手の社務所で頂けます。

また、おもかる石のある「奥社奉拝所」や稲荷山山頂付近の「御膳谷奉拝所」にも御朱印がありますが、いずれも現地で頂く形です。

授与される時間はいずれも、AM9:00~PM3:30頃まで。

初穂料は300円。

 

Yoshiki Mizuguchiさん(@yoshiking1984)がシェアした投稿

 

伏見稲荷大社 おみくじ

凶が存在しない伏見稲荷大社のおみくじ

伏見稲荷大社のおみくじには「凶」がありません。

「向大吉」(むかうだいきち)や「大大吉」、「凶後吉」という変わったものもあります。

脳科学でも証明される「ポジティブ」こそ、運気上昇の真髄なのかもしれません。

 

伏見稲荷大社 御由緒

京都の風情が楽しめる境内。伏見稲荷大社は、観光にも適している。

伏見稲荷大社の創建は711年とされます。

稲作で裕福だった秦伊呂具(はたのいろこぐ)という人が建てたといわれます。

秦伊呂具が、お餅を的にして矢を射つと、お餅は白鳥に。

稲荷山に飛んでいって、稲が生えたことから、ここに社を建てたのが始まりと言われています

「イナリ」と呼ばれるのも、「稲がなった」というところからきています。

 

伏見稲荷大社名物 すずめの丸焼き

名物のすずめは最近店先で出会えなくなった。時期もある。周辺は混雑するため少し足を延ばしてランチするのも手だ。

京都伏見稲荷大社の名物といえば「すずめの丸焼き」。

可愛い「小鳥の串」が所狭しと並ぶ姿に、かつては夢でうなされるほどのショックを受けました。

基本的には、11月中旬~2月中旬までの時期と決まっているようですが、お店の中から出してくれます。

 

すずめだけでなく、「うずら」も供されています。

すずめは600円、うずらは700円~(4月現在)。

 

五穀である稲を食べるすずめは、お百姓さんにとって、愛くるしい存在どころか、生活を脅かす天敵です。

そのすずめ退治を意識して「すずめの丸焼き」が生まれました。

「おかげさま」の意味を肌で知るうえでも、大切にすべき伝統なのかもしれません。

 

ほかにも、参道には縁日がずらりと並び、活気に満ちています。

「外国人観光客向け価格」になっていますが、雰囲気を楽しむだけでもワクワクします。

明るい出店にテンションも上がる。楽しい空気も味わえるが、比較的料金は高額設定。

 

伏見稲荷大社 ご利益&基本情報

主祭神 ご利益

宇迦之御魂大神
(うかのみたまのおおかみ)

大宮能売大神
(おおみやのめのおおかみ)

佐田彦大神
(さたひこのおおかみ)

田中大神
(たなかのおおかみ)

四大神
(しのおおかみ)

※稲荷大神は5柱の総称

・商売繁昌
・産業興隆
・家内安全
・交通安全
・芸能上達
・万病平癒
・学業成就

おみくじや願かけも可愛い。神との距離を近づける工夫も随所にみられる。混雑するのもうなずける。

 

■住所:京都府京都市伏見区深草藪之内町68
■電話:075(641)7331
■拝観料:無料
■駐車場:無料(200台※混雑の可能性大)
■閉門時間:なし
■おみくじ、お守り授与所:午前7時~午後6時(延長日あり)

 

伏見稲荷大社 駐車場&アクセス

伏見稲荷大社に続く道は一方通行で、とても混雑します。

マイカーでの参拝は避けた方が無難です。

特に休日は、駐車場に入るための渋滞も少なくありません。

近隣にコインパーキングもありますが、一方通行の一本道だけに、渋滞から抜け出せなくなる恐れがあります。

公共の交通機関を利用するか、近くの宿から早朝に参拝するのがおすすめです。

 

電車での行き方

・JR奈良線「稲荷駅」下車すぐ(京都駅から5分程度)

・京阪電鉄「伏見稲荷駅」下車、徒歩5分

 

車での行き方

・名神高速道路 京都南インター下車、約20分

・阪神高速道路 上鳥羽出口下車、約10分

 

市バスでの行き方

・南5系統「稲荷大社前」下車、徒歩7分

 

MAP

伏見稲荷大社ルポ まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は伏見稲荷大社をご紹介しました。

まとめは以下の通りです。

  • 伏見稲荷大社は「狐の神様」をお祭りする神社ではない
  • 神社にまつわる属性や相性は「俗説」
  • 千本鳥居やおもかる石、こだま池などみどころいっぱい
  • 千本鳥居は「願いを通す」パワースポット
  • 伏見稲荷大社は観光地としても素晴らしいが、混雑が玉に瑕
  • 専用駐車場の利用は避けた方が無難
  • 熊鷹社は伏見稲荷大社で最強のパワースポット
  • お山めぐりコースの所要時間は2時間
  • 黒猫をみつけるとラッキー

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

さらに内容を充実させてまいりますので、どうか末永くご愛読ください。







-関西のパワースポット
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

元全国紙記者。2017年に独立。ライフワークの聖地巡礼を兼ねて、ブログを始める。神社本庁総長や大僧正、大学教授など有識者への取材経験も豊富。編集者としてのキャリアは20年以上となる。

⇒詳しい運営者情報はこちら