パワースポット編集局 POW!

全国都道府県別のパワースポットを網羅 おすすめから穴場までアクセス情報も詳しく紹介

コラム

チャンスはもう目前!?リアルな幸運の前兆【厳選6選】不思議な体験談も

投稿日:2018年8月16日 更新日:

パワースポットめぐりをしていると、不思議な体験をするようになります。

これは、メッセージ色の強い出来事に「意識のピントが合う」ようになるからだと言われます。

 

そこには吉凶両面ありますが、注目すべきは「幸運の前兆」ではないでしょうか。

神様のお使いとされる縁起のいい動物に出くわしたり、やたらと暗示めいた夢を見たり…。

「何かある」とのひらめきを伴うときは、幸運のサインかどころか、人生が大きく動くタイミングかもしれません。

 

そんなうれしい前触れについて、「たまたまや偶然が重なっただけ」と冷めた見方をする人も少なくありませんが、管理人は「ある」と確信しています。

実際、ドリームジャンボやナンバーズなどで何度も1等を当てている高野山真言宗南蔵院の林覚乗住職もまた、「幸運には前兆がある」と明かしていました。

 

見逃せない幸運のサイン――。

今回は、実際のエピソードを絡めながら、またとないチャンスを逃さないための「ラッキーな前兆」についてまとめました。

※蛇が苦手な方は「幸運の前兆⑤」に白ヘビの写真を掲載していますので、閲覧する際にご注意ください。オリジナルの写真ですので縁起は良いと思うのですが…

 

幸運の前兆①ゾロ目

しあわせの到来を告げる前兆に、ゾロ目をみることがあります。

「車のナンバー」「切符の番号」「時刻」等々。

 

「そんなものは生活の中にあふれかえっている」と思うあなた。

ゾロ目をあなどることなかれ。

「宝くじ和尚」の林住職もまた、ゾロ目を見つけた時に「宝くじの当選を予感するときがある」と明言していました。

 

実は管理人にも同じような経験がありますが、ゾロ目が視界に入ると同時にこみ上げてくる「そこはかとない予感」こそが本物の前兆と思われます。

つまり、ゾロ目を見たから良いことが起きるのではなく、良いことが起きるときにゾロ目を見て「ピンとくる」というのが本物です

 

また、ゾロ目をめぐっては、数字の並びごとに意味を持たせた「エンジェルナンバー」というものがあるようです。

たとえば「1,1」だと「思考が急速に実現の方向に向かっている」、「7,7,7」は「結実を意味する」など、とても面白い説です。

 

このほか(大阪在住の著名な気功師いわく)、中国には数字を使って心の病気などをケアする方法があると言います。

数字には不思議な力があるのかもしれません。

 

幸運の前兆②神社仏閣でのお天気雨

神社仏閣で手を合わせていると、突然の「お天気雨」に見舞われることがあります。

お天気雨は別名「狐の嫁入り」などと言いますが、怪異として気持ち悪がる必要はありません。

神仏が歓迎の意を伝えているそうです

何年か前、管理人が氏神様を祭る神社で厄払いの祈祷を受けた時もまた、お天気雨が降ってきました。

 

ただし、逆もしかりです。

 

現役時代、東京の送電線工事会社の経営者から直接聞いた話ですが、いわくつきの現場で地鎮祭を行うと、決まって「ゲリラ豪雨」に出くわすそうです。

そして、優秀なベテランの現場監督が致命的なミスを犯すなど、毎回、常識ではありえない事故が起きるといいます

この経営者、「お祓いの類は、本当に力のあるところでやってもらわないと駄目」と管理人に耳打ちしてくれました。

 

幸運の前兆③予知夢

「予知能力」というのは、確かに存在するものと思われます。

管理人も直接の知り合いで「予知能力」らしき力を持っている人を何人か知っています。

実は妻もその一人です。

 

とくに、彼女の若かりし頃の体験談は強烈で、バイト先に珍しいフルーツが届く夢が正夢になったり、ワイドショーのワンシーンを克明に言い当てたり…。

なかでも一番インパクトがあるのは、3桁の数字の並びを予想する「ナンバーズ3」にまつわる夢です。

夢で見た数字を朝起きてすぐに書き止めておき、実際に買ってみたところ、数字はすべて的中してたそうです

 

怖くなった彼女は、以降、「予知夢はもう見たくない」と強く意識するようになり、連日続く正夢から解放されたといいます。

「何か意味ありげな夢」は、幸運のメッセージかもしれません。

 

幸運の前兆④白いゴキブリ

タレントの島田秀平さんが語る「都市伝説」ネタからひとつ。

 

キングオブコントの王者、バイきんぐの小峠英二さんが、トーナメントの予選前に「白いゴキブリ」を見たそうです。

小峠さんは当時ゴキブリ駆除のバイトに携わっていたそうですが、この滅多にお目にかかれない白いゴキブリを逃がしたといいます。

というのも、仲間内で「白いゴキブリを逃がしてあげると幸せが訪れる」との噂が広まっていたためです。

実際、小峠さんは「キングオブコント2012」で優勝を果たし、大金を手にしました

 

実は管理人もつい最近、近所のホームセンターで「おかしな歩き方をする白いゴキブリ」を見かけました。

屋外で見ただけなので何も起こらないのかもしれませんが、ワクワクしながら幸運の到来を待っているところです。

 

幸運の前兆⑤蛇(ヘビ)

蛇は「龍」のモデルであり、また、神様のお使いとされる存在で、とても縁起のいい生き物です。

特に白蛇は「運気上昇」のサインといわれます。

とはいえ、30年以上前に百貨店の催しでみたときも、沖縄の「美ら海水族館」でお目にかかったときも、管理人の運気が上昇する気配はありませんでした。

また田舎暮らしをしていると、白蛇はともかく、蛇自体はさして珍しい生き物ではありません。

 

蛇と出会うにしても、白鷺に誘われるにしても、一番大切なのは「シチュエーション」ではないでしょうか

 

つまり、メッセージ性のない蛇は、単なる「爬虫綱有鱗目ヘビ亜目に分類される爬虫類」に過ぎません。

いつ、どこで蛇に出会うか――

そこが肝となる訳です。

 

例えば住吉大社(大阪市住吉区)で地元の方に聞いた話では、ここで出会う蛇は「幸せの前兆」だそうです。

住吉大社の詳しい情報はこちら

 

また、夢の中に蛇が出てくると「運気上昇」「金運アップ」などへの期待大という説もあります。

 

幸運の前兆⑥シンクロニシティ

幸運の前兆、最後の項目は「シンクロニシティ」です。

ふと頭によぎった友人からの連絡が福音となって、大きな幸運につながっていく――。

多かれ少なかれ、皆さん、思い当たる節があるのではないでしょうか。

 

これは前兆というより、もはや、ゴール目前に起きる兆候かもしれません。

そうした意味で、一番明確な幸運の前兆となるケースが圧倒的に多いものとみられます。

 

夢や動物に形を借りてやってくる幸運のシグナルは、最終的に人の手を介して実現していくものばかりに違いありません。

 

幸運の前兆 まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は少し趣向を変え、幸運の前兆をご紹介しました。

まとめは以下の通りです。

 

  • 「宝くじ和尚」も宝くじの高額当選の予兆として「ゾロ目」を挙げていた
  • 神社仏閣での天候の変化は神様からのメッセージ
  • 人によって予知夢はかなり当てになる
  • 白いゴキブリを駆除せずに逃がすと幸運が舞い込むとのジンクスがある
  • 蛇などの縁起のいい動物は出会う時と場所が肝心
  • シンクロニシティは幸運を招く前兆の最終段階に起きる

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

引き続きご愛読の程、よろしくお願いします。

-コラム
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

沖縄【ユタ】本物はどこ!?占い師に鞍替え!?弾圧の歴史も

沖縄のパワースポットを巡っていると、「ユタ」の名をよく耳にします。 ユタというのは、「フリーランスの女性シャーマン」のようなイメージで、現地では「霊能者のアドバイザー」という捉えられ方をしています。 …

パワースポット【ご利益7選】本当にあった不思議な話~神社から聖地まで~

神社やいにしえの聖地など、いわゆる「本物のパワースポット」を取材していると、不思議なご利益の話をよく耳にします。 にわかには信じがたい内容から奇跡のような話まで、とても偶然とは思えない驚愕のご利益に、 …

安室奈美恵の聖地とは!?吹石一恵結婚の決め手に!?ユーミンを呼んだ!?芸能人パワースポットまとめ

パワースポットめぐりが芸能人の間で静かな広がりをみせています。 管理人は以前、宮崎県の天岩戸神社でタレントの出川哲朗さんに出会いましたが、ロケとは別に「お忍び」で神社を訪ねる芸能人は多く、ゆかりのパワ …

パワースポット巡りの注意点【意外な落とし穴】とは

いつもの景色をリセットし、新たな可能性を内に呼び込む「パワースポット巡り」。 非日常の空間に身を置いて、神仏に祈りを捧げたり、自然がもたらす癒しの効果を受け取ったり。 ときに最高の思い出なども届けてく …

おみくじ6選【関西神社別】笑える内容、可愛いデザイン、水に浸すタイプまで<子供向けも>

パワースポットの代名詞、神社の一つの楽しみといえるのが「おみくじ」です。 「くじ」はもともと、神様のご意向をうかがうための神聖な行為で、大昔は重要な政治判断が迫られる場面などで登場しました。 いまでは …

元全国紙記者。2017年に独立。ライフワークの聖地巡礼を兼ねて、ブログを始める。神社本庁総長や大僧正、大学教授など有識者への取材経験も豊富。編集者としてのキャリアは20年以上となる。

⇒詳しい運営者情報はこちら