パワースポット編集局 POW!

全国都道府県別のパワースポットを網羅 おすすめから穴場までアクセス情報も詳しく紹介

関西のパワースポット

鞍馬寺ルポ【京都最強パワースポット】ご利益は?魔王殿,六芒星の効果,貴船神社アクセスも

投稿日:2018年5月30日 更新日:

関西屈指のパワースポットとの呼び名が高い鞍馬寺。中でも魔王殿は最強のポイントだ。

鞍馬寺は、京都最強との呼び名の高いパワースポットです。

鞍馬寺が鎮座するのは、古神道や密教の修行場でもあった神聖な鞍馬山。

鞍馬山自体に強力な力が宿るため、独自のパワースポット探しが楽しめます。

本堂前の石畳に描かれた六芒星は、宇宙とつながる場所として、長蛇の列ができることも多々あります。

また鞍馬寺は、鞍馬天狗が牛若丸に兵法を指南した伝説が残されており、奥の院「魔王殿」にはただならぬ気配が漂っています

鞍馬寺の本堂は山上にありますが、専用のケーブルカーを利用すれば、アクセスもスムーズ。

鞍馬寺から貴船神社には歩いて行ける距離にあり、あわせて参拝することも可能です。

 

今回は、鞍馬寺を訪ねましたので、六芒星の秘密や効果、ご利益、見どころ、アクセス情報なども含めて紹介します。

 

9月4日の台風21号による被害で、鞍馬寺本殿への拝観ができない状況が続いていましたが、10月29日にケーブルが復旧しました

拝観できるエリアと詳細な復旧状況については、最下段「台風21号による被害の影響」にまとめています。

 

鞍馬寺の六芒星 三角を踏むのはNG

鞍馬山の鞍馬天狗の像。その正体は金星から降り立った神「クマーラ」との指摘もある。

鞍馬寺は 、古神道や密教の山岳修行の場として栄えた霊山「鞍馬山」にあるお寺で、650万年前に「魔王」が舞い降りた地

東を鞍馬川、西を貴船川に挟まれた「一級のパワースポット」として、数々の不思議な逸話を伝える浄域です。

鞍馬寺は、鞍馬天狗が牛若丸に兵法を指南した場所としても有名で、叡山電鉄「鞍馬駅」では鞍馬天狗がにらみをきかせています。

 

本殿金堂と呼ばれる本堂に祭られているのは「毘沙門天」(びしゃもんてん)「千手観音」(せんじゅかんのん)「護法魔王尊」(ごほうまおうそん)の三尊。

三尊を合わせて「天尊」といいます。

 

そして、その手前の石畳に描かれる「六芒星」が人気のポイント。

六芒星に立つと宇宙とアクセスできると言われる。ただし、中心の参画を踏むのはご法度だ。

 

鞍馬寺によると、これは尊天の波動が広がる「星曼荼羅」を模したもので、宇宙とつながる修行の場です

ここに立って手を広げ、「宇宙との一体化」に挑戦する人も少なくありません。

順番待ちの列ができることもありますが、尊天をあらわす中心の「三角」を踏むのはNGです。

 

一方奥の院は、鞍馬山随一の聖地とされ、「魔王殿」と呼ばれるお堂などが控えます。

「鞍馬山随一」とうたわれる強力なパワースポットだけに、ここも押さえておきたいポイントです。

 

鞍馬寺から貴船神社 参拝含め2時間

鞍馬山から貴船神社へのアクセスは徒歩でも可能だが相当体力がいる

鞍馬山を越えると西門があり、ここから「貴船神社」へのアクセスが可能です

上の写真が西門と、鞍馬山を下りて貴船神社にアクセスするための橋です。

ただ、鞍馬寺から貴船神社までの道のりを、すべて歩いていくにはそれなりの体力が必要です。

ゆっくり参拝すると、少なくとも2時間はかかります

管理人は半日で回りましたので、相当疲れました…。

 

山中だけに突然雨が降ることもありますが、本堂近くにある休憩所で傘を買うことができます

一本500円でした。

 

鞍馬寺 ご利益は財運アップ

鞍馬寺のご利益は「財運アップ」「厄除け」「戦勝」などです。

これは、福徳の神とされる「毘沙門天」を祭るお寺であるためです。

 

ただ、鞍馬寺の鎮座する鞍馬山は、山全体に力が宿る特殊な場所。

一般的に力の強いポイントのほかにも、自分に合ったパワースポットというのが存在します。

鞍馬寺にも確認をとりましたが、そこが最強パワースポット「鞍馬寺」を味わう上での一番のポイントといえます。

 

そのため、得られる効果も人によって異なります

リアルなスピリチュアルスポットならではの楽しみ方として、ぜひ鞍馬寺で自分独自のパワースポットを探してみてください。

 

鞍馬寺 本殿金堂と星曼荼羅

鞍馬寺で最も人気の高い六芒星。星曼荼羅と呼ばれるポイントで、宇宙と一体化する修行の場とされる。

鞍馬寺で、最も人気のパワースポットが、本殿金堂前にある「星曼荼羅」です。

この六芒星の意味について、鞍馬寺による解説では、凄いスケールの内容が記されています。

本殿金堂前の金剛床は、宇宙のエネルギーである尊天の波動が果てしなく広がる星曼荼羅を模し、内奥に宇宙の力を蔵する人間が宇宙そのものである尊天と一体化する修行の場となっています。

引用元:鞍馬寺公式HP http://www.kuramadera.or.jp/

 

鞍馬寺の教えでは、毘沙門天を「光」、千手観世音菩薩を「慈愛」、護法魔王尊を「活力」ととらえ、羅万象を生む「宇宙エネルギー」と説いています。

そして、3尊が一体となった存在が「天尊」。

さらに、天尊と人間が一体になる修行の場が、本殿金堂前の星曼荼羅というわけです。

ここを目当てに訪れる参拝者も目立ちます。

 

このヘキサグラムのなかで祈りを捧げると、願いが叶うという噂もあります。

どうしてもやってみたくなるのが自然な心の動きです。

そのため、順番待ちの列ができることもしばしばです。

 

ただ正直なところ、簡単に宇宙につながれるものとも思えません。

とてもテンションの上がる設定ですが、何か足りない気がします…。

そこで、少し調べてみました。

足りないのは、アクセスに必要な鍵、「マントラ」かもしれません。

 

本邦初公開、「鞍馬弘教」の教義に従い、心の中でこう唱えてみてください。

月のように美しく、太陽のように暖かく、大地のように力強く…すべては尊天にてまします

ただし、中心部の三角形は踏まないようにご注意ください。

 

鞍馬寺 魔王殿は随一のパワースポット

鞍馬寺最強のパワースポット「魔王殿」。奥の院は鞍馬寺の中でも随一の聖域とされる。

鞍馬寺の奥の院には、護法魔王尊を祭る「魔王殿」が鎮座します。

本殿金堂とはまた違った、ただならぬ雰囲気を醸す聖域です。

 

お祭りしている護法魔王尊は、いわゆる魔界の王ではなく、大地の霊王にして「地球」を象徴する存在にあります。

魔王殿の本堂。アクセスはかなわず、拝殿からお参りする形となる。本尊は秘仏。

 

ほかにも、ヒンズー教に登場する、金星からやってきた神様「サナト・クマーラ」から転じたとの説や、天狗の中で一番偉い「僧正坊」だったとの見方もあります。

これは、60年に一度公開される秘仏の姿から、そう推測されるようです。

 

鞍馬寺 見どころ

鞍馬山は存在自体が聖域。見どころは多い。

鞍馬寺の見どころは、本殿金堂や星曼荼羅、魔王殿だけではありません。

山全体が聖地といえるだけに、見どころは数えきれないほどあります。

何より、自分独自のパワースポット探しもおすすめです。

ここでは、その一端を紹介します。

 

木の根道 牛若丸の修行場

鞍馬寺のみどころ「木の根道」。牛若丸が修行した場として知られる不思議な空間だ。

魔王殿に至る参道には、地面を木の根がはっている不思議なエリアがあります。

牛若丸が鞍馬天狗に修行をつけてもらった場所です。

これは、木の根っこが固い岩盤に阻まれ、地面から飛び出した影響と思われます。

聖地らしい、とても神秘的な光景です。

ここを最強のパワースポットに据える人も少なくありません。

 

鞍馬寺 阿吽の虎(あうんのとら)

鞍馬寺では狛犬に代わって寅がにらみをきかせる。毘沙門天の使いで「阿吽」と呼ばれる聖獣。

鞍馬寺では、狛犬に変わって「虎」が門を守護しています。

これは、虎が毘沙門天の使いとされるためです。

この聖獣、阿吽(あうん)の虎といいます。

「あ」から始まり、「ん」で終わることから、「阿吽」は宇宙の全てを包含するそうです。

一つひとつが、とてもスケールの大きな話ですね。

ちなみに毘沙門天も、虎の月、虎の日、寅の刻にこの地に現出されたといいます。

 

神仏習合の息づかいが聞こえる由岐神社。

最後になりましたが、鞍馬寺の境内には、由岐神社があります。

鬼一法眼社のほど近く、楼門を貫くかのように鋭くそびえる3本の巨木が目印です。

もともと京都御所にあった霊験あらたかな神社で、いまから1000年以上前、世の乱れを鎮めるために、この地に移されました。

せっかく鞍馬寺まで足を運ばれるのであれば、あわせてお参りすることをおすすめします。

記事をまとめていますので、よろしければ参考にしてください。

 

由岐神社の詳しい情報はこちら

 

 

鞍馬寺 基本情報

■住所:京都府京都市左京区鞍馬本町1074
■電話:075(741)2003
■拝観時間:AM9:00~PM4:30
■愛山費(≒拝観料):300円
■ケーブルカー:100円(片道)
■駐車場:なし(近隣に有料駐車場有)
■公式HP: http://www.kuramadera.or.jp/

 

鞍馬寺 交通アクセス&駐車場

鞍馬寺には専用の駐車場がありません。

マイカーの場合、最寄りのパーキングを利用することになります。

また、山道を登ることになりますが、体力に自信のある方は、ケーブルを使わずに、徒歩での参拝をおすすめします。

ご利益の効果も高まるかもしれません。

 

電車での行き方

鞍馬寺のアクセスは叡山電鉄とともにケーブルカーが便利。体力に自信のある人はケーブルカーを使わず歩いての参拝をおすすめする。

■叡山電鉄出町柳駅~
「鞍馬駅」下車、徒歩約3分

 

車での行き方

東京方面~
⇒新名神「京都東IC」下車、約50分

 

■大阪方面~

<名神高速道路経由>
⇒「京都南 IC」下車、約50分

 

<阪神8号京都線経由>
⇒都市高上鳥羽下車、約50分

鞍馬寺 御朱印

鞍馬寺の御朱印です。

本殿金堂内にある授与所で拝受できます。

授与料は300円。

鞍馬寺の御朱印です。#御朱印#鞍馬山#鞍馬寺

ktamotuさん(@ktamotu1023)がシェアした投稿 –

 

鞍馬寺ルポ まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、鞍馬寺を紹介しました。

まとめは以下の通りです。

 

  • 鞍馬寺は立地条件からも一級のパワースポット
  • ご利益は財運アップや戦勝など
  • 鞍馬山では独自のパワースポット探しが楽しめる
  • 本堂前の石畳に記された六芒星は宇宙とつながる修行の場
  • 六芒星のなかでマントラを唱えると効果が上がるかも
  • 六芒星の中心に描かれた三角形を踏むのはNG
  • 鞍馬寺の奥の院にある魔王殿は最強のパワースポット
  • 魔王は大地の霊王で天狗との説も
  • 牛若丸が修行した木の根道という場所がある
  • 寺の門を守護するのは虎
  • 境内には由岐神社がある

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

内容を一段と充実・更新してまいりますので、今後ともご愛読いただきますよう、よろしくお願いいたします。

 

台風21号による被害状況について

鞍馬寺では、9月4日の台風21号による被害を受け、拝観に大きな影響が出ていましがた、10月27日にケーブルカーが復旧し、本殿と霊宝殿(鞍馬山博物館)へのアクセスが可能になりました

明日11月10日には、いよいよ参道が開通し、徒歩で本殿まで行けるようになります

これに伴い、拝観できるエリアもグッと広がります。

また11月10日から、ケーブルカーの運行も通常ダイヤに戻り、一段と便利になります。

 

ただ霊宝殿から先、魔王殿などへのアクセスは復旧の見通しが立っておらず、「少なくとも年内は難しい」とのことでした。

 

この情報は状況が変わり次第、随時更新してまいります。

 

※2018年11月9日現在

-関西のパワースポット
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

石上神宮【奈良 パワースポット】秘密のおまじない,ファンタジーさながら!?ご利益,御朱印も

石上神宮(いそのかみじんぐう、奈良県天理市)は、とにかく神秘的な話に事欠かない神社で、ファンタジーの世界をそのまま投影したようなパワースポットです。 お祭りしている神様も、「神の武器に宿る魂」という不 …

晴明神社【パワースポット・ルポ】晴明井の井戸水は万病にご利益!?厄除桃・占い・御朱印も

晴明神社(京都市左京区)は、1000年前に「神」になった安倍晴明公(あべのせいめいこう)をお祭りする神社です。 晴明公は、星座の運行から人の運命を読み解く「陰陽道」(おんみょうどう)の稀代の天才。 晴 …

豊国神社は大阪城のパワースポット!?出世や仕事にご利益【ルポ】御朱印,お守り,アクセスも

豊国神社(ほうこくじんじゃ、大阪市)は、大阪城跡の一角にあるパワースポットです。 豊国神社にお祭りされている神様は「豊臣秀吉公」。 農民から天下人にまで上り詰めた秀吉公にあやかって、出世開運や仕事成就 …

住吉大社ルポ【大阪パワースポット定番】ご利益の実話,五大力,参拝順序,幸運のヘビ

住吉大社(大阪市)は、大阪を代表するパワースポットで、住吉大神(すみよしのおおかみ)という神様をお祭りする神社です。 財力や知力などの「五大力」(ごだいりき)を高め、願いごとを叶える五大力石探しなどが …

平安神宮ルポ【パワースポット情報-京都】見どころは?神様,縁結び,御朱印,アクセスも詳しく

平安神宮(京都市左京区)は、平安京の心臓部「朝堂院」を8分の5サイズで再現したパワースポットです。 明治時代にできた比較的新しい神社ながらも、1200年前の京都の姿を味わえるスポットとして、海外からも …

元全国紙記者。2017年に独立。ライフワークの聖地巡礼を兼ねて、ブログを始める。神社本庁総長や大僧正、大学教授など有識者への取材経験も豊富。編集者としてのキャリアは20年以上となる。

⇒詳しい運営者情報はこちら