パワースポット編集局 POW!

全国都道府県別のパワースポットを網羅 おすすめから穴場までアクセス情報も詳しく紹介

関西のパワースポット

縁結び、厄除け、安産、金運アップ!関西の神社【ご利益別】30選

投稿日:2018年12月21日 更新日:

同じ神様を祭っていても異なるご利益に注目が集まるケースは多い。写真は那智の滝のある飛瀧神社。

全国に約8万社あるといわれる神社ですが、それぞれにゆかりの「ご利益」があります。

商売繁盛、縁結び、安産・子宝、開運厄除けなどそのカタチはさまざまで、神社を選ぶときの「決め手」にしている人も少なくありません。

受験生は学問の神様を祭る神社に足を運び、ビジネスマンは稲荷神社で事業の成功を祈るといった具合です。

ただ、同じ神様をお祭りしていても、異なるご利益に信仰が集まるケースがあるのも確か

航海安全の神様を祭る神社で商売繁盛のご利益が頂けたり、雨乞いの神様が恋愛成就に加護を与えたり…。

「神様が万能である証拠」ともえいますが、何かしらの「目安」が欲しくなるのも心情です。

そうした点を踏まえて今回は、代表的な関西の神社をご利益別にまとめてみました。

 

一定の根拠をもって選んでいますが、あくまでも目安です。

また、各神社の大半はパワースポットとしても評価を集める神社です。

パワースポットに興味のある方、あるいはアクセスなどの詳しい情報をお求めの方は、ぜひ個別記事も参考にしてください。

 

 

神社別のご利益 選んだ基準は?

ご利益別に神社を選ぶ作業は、3つの切り口から行いました。

  1. 神様ゆかりの代表的なご利益
  2. 参拝者の評判や歴史の積み重ねなどから定着したご利益
  3. 立地条件などご利益をめぐる共通点

代表的なご利益が複数にまたがるケースもありますが、「評判重視」で絞り込みました。

駐車場やアクセスも含め、詳しい情報はすべて個別記事にまとめています。

 

商売繁盛・金運アップ

関西は、商売繁盛や財運アップへの信仰の厚い「老舗の神社」が集まっています。

京都や奈良など、かつて「首都」として栄えた地域をいくつも含むだけに、総本社に位置づけられるビッグネームや超一級のパワースポットも少なくありません。

以下、その代表的な神社をまとめました。

 

伏見稲荷大社

朱が眩しい伏見稲荷大社の社殿と白狐の像。

伏見稲荷大社は、全国に3万2000社以上あるといわれる稲荷神社の総本社です。

お祭りされている神様は、作物に豊かな実りを与える宇迦御霊神(うかのみたまのかみ)。

豊作の神様が商売繁盛のご利益に転じた格好です。

ちなみに、トレードマークの白狐は「神様の使い」に当たります。

また、朱が鮮やかな鳥居の回廊「千本鳥居」は、願いが叶った人が奉納したもので、その膨大な数が伏見稲荷大社のご利益の大きさを物語っています。

より詳しい過去の個別記事はこちら

 

基本情報

  • 住所:京都府京都市伏見区深草藪之内町68
  • 電話:075(641)7331
  • アクセス:JR奈良線「稲荷駅」からすぐ、京阪「伏見稲荷駅」から徒歩5分

 

西宮神社

えびす神社の総本社「西宮神社」の本殿。

兵庫県西宮市にある西宮神社は、全国に約3500社ある恵比寿(えびす)神社の総本社。

福の神として知られるえびす様をお祭りしています。

えびす様も、もともと漁業の神様でしたが、時代の流れとともに「商売繁盛」の神様としてあがめられるようになりました。

七福神のメンバーとしても有名です。

毎年正月明けに開かれる「十日戎」では、福男の称号をかけて表大門から本殿までの到着順位を競う「開門神事・走り参り」が行われます。

より詳しい過去の個別記事はこちら

 

基本情報

  • 住所:兵庫県西宮市社家町1-17
  • 電話:0798(33)0321
  • 阪神線「阪神西宮駅」下車、徒歩3分

 

天河弁財天

財運の神様を祭る天河弁財天社。拝殿に吊るされた鈴の形状も独特だ。

天河神社(天河弁財天)は「パワースポットの火付け役」といえる神社です。

アクセスが不便な山の中にありますが、紛れもなく「超一級のパワースポット」といえます。

お祭りされているのは、市杵島姫命(いちきしましめのみこと)という「水」をつかさどる神様で、七福神の弁財天と同一視される存在です。

財運のほかにも、「芸の上達」というご利益で有名です。

 

基本情報

  • 住所:奈良県吉野郡天川村坪内107
  • 電話:0747(63)0558、0747(63)0334
  • 参拝時間:境内自由(授与所はAM7:00~PM5:00)

 

竹生島

琵琶湖の沖合に浮かぶ竹生島。

神様のお告げによって築かれた神域で、いまもパワースポットとして熱い視線が注がれる竹生島。

神社とお寺がいまも共存している島で、いずれも「弁財天」(市杵島姫命)をお祭りしているのが特徴です。

「弁財天」には財運アップのご利益が頂けるとされます。

清浄な空気に満たされた神域といえ、管理人は何度も足を運んでいます。

鳥居の間を狙って素焼きのお皿を投げる「かわらけ投げ」もおすすめです。

竹生島の詳しい個別記事はこちら

 

基本情報

  • 住所:滋賀県長浜市早崎町1821
  • TEL:宝厳寺 0749(63)4410、竹生島神社 0749(72)2073
  • 拝観料:大人400円、小学生300円
  • アクセス:個別記事に詳細

 

縁結び

「人の縁を結ぶ」ご利益がをうたう神社にも事欠かない関西。

人の努力だけではなかなか実現しない良縁を求めて、敬虔な祈りを捧げる参拝者の姿も目立ちます。

そんな縁結びの社をピックアップしました。

 

貴船神社

貴船神社にある結社の本殿。

「恋の宮」といわれる貴船神社ですが、縁結びのご利益で知られるのは、境内にある「結社」(ゆいのやしろ)と呼ばれる小さなお社。

お祭りされている神様は、磐長姫命(いわながひめのみこと)という女神です。

「世のため、人のため、ここにとどまり良縁を得させん」として、この地にお鎮まりになったと伝わります。

平安時代の女流歌人「和泉式部」(いずみしきぶ)が夫との復縁のご利益を授かったところでもあります。

詳しい参拝方法をまとめた過去記事はこちら。

貴船神社のパワースポット情報はこちら。

基本情報

  • 住所:京都市左京区鞍馬貴船町180
  • 電話:075(741)2016
  • 拝観時間:AM6:00~PM8:00(12月~4月はPM6:00まで)
  • アクセス:個別記事に詳細

 

下鴨神社(相生社)

下鴨神社の相生社。向かって左手に御神木があり、特殊な願掛けがある。

下鴨神社で良縁成就のご利益があるといわれるのは、「相生社」(あいおいのやしろ)です。

御祭神は、男女の「むすび」を象徴する神様「神皇産霊神」(かみむすびのかみ)。

願掛けの方法が少し複雑ですので、ご興味のある方は過去記事を参考にしてください。

また下鴨神社には、「女性守護・日本第一美麗神」をお祭りする「河合神社」があり、美麗祈願ができます。

相生社での詳しい願掛けの方法はこちら

下鴨神社のパワースポット情報はこちら

基本情報

  • 住所:京都市左京区下鴨泉川町59
  • 電話:075(781)0010
  • 開閉時間:AM6:30~PM5:30
  • アクセス:個別記事参照

 

出雲大神宮

背後に神体山が控える出雲大神宮の本殿。

出雲大神宮(京都府亀岡市)は、「元出雲」と呼ばれる紀元前からのパワースポットで、「本家の出雲大社よりも古い」といわれます。

「日本三大縁結び」といわれる本家と同じく、出雲大神宮も「縁結び」のご利益で知られます。

夫婦岩に赤い糸を結ぶ縁結びの願掛けは、「五円玉」と一緒に巻き付けると効果が高まるというジンクスもあります。

また境内には、霊水の流れる滝や神々の宿る巨石があり、穴場のパワースポットとして近年注目を集めています。

出雲大神宮のより詳しい記事はこちら

 

基本情報

  • 住所:京都府亀岡市千歳町千歳出雲
  • 電話:0771(24)7799
  • 参拝時間:境内自由
  • アクセス:
  • JR嵯峨野線「亀岡」駅から「亀岡市ふるさとバス」約15分、「出雲神社前」下車

 

生田神社

多くの夫婦を輩出している生田神社の本殿。この日も神前式が開かれていた。

生田神社(いくたじんじゃ、兵庫県神戸市)は、創建から1800年を数える歴史があり、神戸という地名の由来にもなっている由緒正しい神社です。

お祭りされている神様は、稚日女尊(わかひるめのみこと)という女性の神様。

神服を織る神さまですので、「糸を合わせながら織り成す」意味合いから、人と人との縁を結ぶご利益があるとされます。

このほか、縁結びにご利益のある木「松尾神社の杉の木」なども評判です。

願掛けの方法など詳しい個別記事はこちら。

 

基本情報

  • 住所:兵庫県神戸市中央区下山手通1-2-1
  • 電話:078(321)3851
  • 閉開門時間:午前7時~午後5時ごろ(夏場は午後6時ごろまで)
  • アクセス:JR「三ノ宮駅」、私鉄各線「三宮駅」下車、徒歩10分

 

厄除け・厄払い

厄除けに定評のある神社には、「名のある霊水」などの共通点も。

以下、厄除けへのご神徳がみられる神社をまとめました。

 

大神神社

大神神社の拝殿。本殿はなく、三輪山を神の山としてあがめている。

大神神社(おおみわじんじゃ、奈良県桜井市)は、神社がカタチになる以前から存在したパワースポットです。

拝殿の背後にある神の山「三輪山」での出来事や、白蛇にまつわる話題など、不思議なうわさが絶えない神社としても知られます。

お酒や縁結びの神様としても知られますが、とくに注目すべきは「厄除け・厄払い」。

その効果について、関西在住の著名な気功師も絶賛していました。

また、三輪山への登拝もおすすめです。

大神神社の詳しい個別記事はこちら。

 

基本情報

  • 住所:奈良県桜井市三輪1422
  • 電話:0744(42)6633
  • 参拝時間:境内自由
  • JR桜井線「三輪駅」下車、徒歩10分

 

八坂神社

厄除けに定評のある八坂神社。楼門に続く階段はパワースポット特有の断層の上に当たる。

八坂神社は全国に約2300社あり、ここはその総本社に当たります。

お祭りしているのは、ヤマタノオロチを退治した素戔嗚尊(すさのおのみこと)や、奥さんの櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)ら13柱の神様。

厄災を払ってくれる神社といえます。

また、「本殿の真下に龍穴がある」との伝説があり、「力水」や「美容水」と呼ばれる霊水にはそのパワーが宿っているといわれます。

京阪祇園四条駅から徒歩5分とアクセスの良さも魅力です。

八坂神社の厄払いにまつわる記事はこちら

八坂神社のパワースポット記事はこちら

 

基本情報

  • 住所:京都市東山区祇園町北側625
  • 電話:075(561)6155
  • 参拝時間:境内自由
  • アクセス:京阪「祇園四条駅」下車、徒歩約5分

 

石清水八幡宮

石清水八幡宮にはいまも御神水の湧く。写真はそのお社。

地元・京都で厄除け参りといえば、平安京の裏旗門の方角に鎮座する石清水八幡宮が「定番中の定番」です。

国内最大・最古の「八幡造」の建物群が国宝に指定される、とても由緒ある神社です。

とくに男性からの人気が高く、皇室の崇敬が厚いのも特徴です。

ケーブルカーでのアクセスが基本で、家族やカップルでのお出かけにも素晴らしい場所と言えます。

厄除けの祈祷料は1万円から。

石清水八幡宮の厄除けにまつわる詳しい情報はこちら。

石清水八幡宮のパワースポット情報はこちら。

 

基本情報

  • 住所:京都府八幡市八幡高坊30
  • 電話:075(981)3001
  • アクセス:男山ケーブル「男山山上駅」下車、徒歩5分

 

住吉大社

住吉大社は商売繁盛への信仰も厚いが元は禊の神様を祭る。朱が鮮やかな境内の橋は神域と俗世との懸け橋になっている。

住吉大社は、全国に約2300社ある住吉神社の総本社でもあり、とても格式の高い神社と言えます。

大阪を代表する神社といっても過言ではありません。

お祭りされている神様は、「住吉三神」という海の神様。

冥界から帰ってきたお父さんが海に入って「けがれを落としたときに生れた」という伝説が残っているため、「お祓いの神様」と捉えられています。

毎月初めの辰の日に4つの末社にお参りすると、願いが叶うとされる「初辰まいり」というユニークな信仰も残っています。

 

ご利益話など住吉大社の詳しい記事はこちら

 

基本情報

  • 電話:06(6672)0753
  • 住所:大阪府大阪市住吉区住吉2-9-89
  • 参拝時間:AM6:00 ~PM5:00(10月~3月はAM6:30半~PM5:00)
  • アクセス:南海本線「住吉大社駅」下車、徒歩3分

 

勝運・成功

神話に語られる逸話などから、神様ごとの「得意分野」を見つけてきた先人たち。

ここでは、勝利を祈願するのに確かな霊験を発揮してきた2つの神社をご紹介します。

 

太郎坊宮(阿賀神社)

巨大な岩が並ぶ太郎坊宮のパワースポット。

太郎坊宮(たろうぼうぐう、滋賀県東近江市)は、岩肌の見える聖山の上に立つ神社です。

全国的にみても珍しい「正哉吾勝勝速日天忍穗耳尊」(まさかつあかつかちはやひあめのおしほみみのみこと)という神様をお祭りしていて、古くから「勝運のご利益がすぐにあらわれる」とあがめられてきました。

勝利や勝運などを求め、アスリートを中心に、経営者や芸能人、政治家らも参拝に訪れます。

本殿のそばにある巨大な岩の回廊「夫婦岩」(めおといわ)は、パワースポットとして注目を集める地点でもあり、見ごたえという点でもおすすめです。

太郎坊宮にまつわる詳しい記事はこちら。

 

基本情報

  • 住所:滋賀県東近江市小脇町2247
  • 電話:0748(23)1341
  • 拝観時間:境内自由
  • アクセス:近江鉄道「太郎坊宮前駅」下車、徒歩約20分

 

石清水八幡宮

武神としての信仰も根強い石清水八幡宮。門の奥に鎮座するのが本殿となる。

石清水八幡宮の八幡神はもともと「王城鎮守」への祈りがささげられてきた神様ですが、「武神」として崇拝されてきた歴史もあります。

古事記や日本書紀にも登場せず、謎が多い神さまともいわれますが、源氏が武運の神としてあがめたことで、勝利・成功への信仰が広がりました。

ビジネスパーソンからも支持される神様で、パナソニックの創業者である故・松下幸之助氏もそのひとりです。

 

※アクセスなどの基本情報は「厄除け・厄払い」の項目に記載。

 

安産・子宝

安産と子宝のご利益で知られるのは、以下の3つの神社です。

 

御香宮神社

徳川家康に寄進されたきらびやかな社殿。

御香宮神社(ごこうのみやじんじゃ)では、神功皇后(じんぐうこうごう)を主祭神に祭っています。

神功皇后は、「日本第一安産守護之大神」と呼ばれ、古くから安産、子育てへの信仰があります。

また、御香宮神社には「石井の御香水」(いわいのごこうすい)と呼ばれる霊水が湧き出ており、病気平癒の不思議な力があるともいわれます。

神功皇后が安産の神様としてあがめられる理由などは、個別記事に詳しく書いています。

御香宮神社の詳しい過去記事はこちら

 

基本情報

  • 住所:京都市伏見区御香宮門前町174
  • 電話:075(611)0559
  • 拝観:AM7:00~PM7:00
  • JR「桃山駅」、京阪「伏見桃山駅」、近鉄「桃山御陵前駅」下車、徒歩5分

 

由岐神社

由岐神社には杉の巨木がそびえたつ。

由岐神社は鞍馬寺の境内、鬼一法眼社のほど近くにある神社です。

お祭りされている神様は、縁結び・子宝などのご利益で知られる大己貴命(おおなむちのみこと)。

また由岐神社には、胸に子どもを抱いている珍しい狛犬がおり、子孫繁栄、子授け、安産などのご利益があるといわれます。

このほか由岐神社は、京都三大奇祭の一つに数えられる豪壮な例祭「鞍馬の火祭」が開かれることでも有名です。

 

由岐神社の詳しい情報はこちら

 

基本情報

  • 住所:京都市左京区鞍馬本町1073(鬼一法眼社のほど近く)
  • 電話:075(741)1670
  • 拝観時間:AM 9:00~PM4:30
  • 愛山費(≒鞍馬寺拝観料):300円
  • 駐車場:なし(近隣にパーキング有)
  • 叡山電鉄「鞍馬駅」下車、徒歩約3分

 

淡嶋神社

所狭しと並ぶひな人形に驚く参拝者も多い淡嶋神社の本殿。

淡嶋神社は、全国に約1000社もある「淡嶋系統」の総本社。

医薬の神様「小彦名命」(すくなひこなのみこと)がお祭りされており、婦人病の平癒をはじめ、安産、子宝などにご利益があるといわれます。

また淡嶋神社は、人形供養の発祥として信仰を集めてきた神社でもあります。

境内に所狭しと並ぶひな人形や市松人形に少しギョッとするかもしれません。

淡嶋神社の詳しい情報はこちら。

 

基本情報

  • 住所:和歌山県和歌山市加太116
  • 電話:073-459-0043
  • 参拝:明朝~21:00(人形供養受付は09:00~16:00)
  • 駐車場:無料(12台)※利用は30分以内
  • アクセス:南海電鉄加太線「加太駅」下車、徒歩約15分

 

病気平癒

病に苦しむ人々に、ときに奇跡をみせてくれる神社。

関西でとくに病気平癒のご利益があるといわれる神社は、以下の3社です。

 

石切劔箭神社

石切神社ではお百度参りに挑む姿が夕暮れ時までみられる。

石切神社は、病気平癒のご利益を求めて全国から参拝者がやってくる神社です。

とくにがん封じのご利益が有名で、本殿と鳥居の百度石をめぐる「お百度参り」に没頭する人々の姿があります。

「石切参道商店街」に入ると空気が一転し、昭和の時代にタイムスリップしたかのような街並みが広がります。

 

石切劔箭神社の詳しい情報はこちら。

基本情報

  • 住所:住所大阪府東大阪市東石切町1-1-1
  • 電話:072(981)3621
  • 参拝時間:24時間可能
  • アクセス:近鉄けいはんな線「新石切駅」下車、徒歩7分

 

飛瀧神社(那智の滝)

自然崇拝の痕跡を残す飛瀧神社。有料エリアでの参拝がおすすめ。

飛瀧神社(ひろうじんじゃ)は、那智の滝を神様の宿る御神体としてあがめる神社です。

修行場としての色が強い神社でもありますが、延命長寿や病気平癒のご利益があるといわれます。

有料エリアに行くと、間近で滝を感じ、霊験のある滝つぼの水を飲むこともできます。

飛瀧神社の詳しい個別記事はこちら。

 

基本情報

  • 名称:那智御瀧 飛瀧神社
  • 住所:和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
  • 電話:0735(55)0321※熊野那智大社
  • 参拝時間:AM9:00~PM5:00
  • アクセス:個別記事参照

 

狭井神社

大神神社のなかにある狭井神社(さいじんじゃ)は、病気平癒のご利益があるとされることから、医療関係者らの信仰を集めています。

狭井神社の左手には、万病に効くと伝わる霊泉が湧き出ています。

平日でも、この霊水を求める人の列ができ、この水ははっきりわかるほどの甘みがあります。

狭井神社の詳しい情報は大神神社の記事参照。

 

基本情報

  • 住所:奈良県桜井市三輪1422
  • 電話:0744(42)6633
  • 参拝時間:境内自由
  • JR桜井線「三輪駅」下車、徒歩15分

 

悪霊退散

もし悪霊が実在するのであれば、人知を超えた力に頼るほかなさそうです。

そうした霊験を持つ神社とされるのが、こちらです。

 

玉置神社

スピリチュアル好きの人からの支持が厚い玉置神社。この日も修験者と出くわした。

玉置神社(たまきじんじゃ)は、悪霊退散を目的のひとつとして創建された神社です。

紀元前からパワースポットとして栄えた「玉置山」の山頂近くに鎮座します。

スピリチュアル好きの方からの支持が厚く、「呼ばれないとたどり着けない」などのジンクスもあります。

管理人も体験をしましたが、とにかく不思議なことに事欠かない神社です。

玉置神社の詳しい個別記事はこちら。

 

基本情報

  • 住所:奈良県吉野郡十津川村玉置川1
  • 電話:0746(64)0500
  • 参拝時間:AM8:00~PM5:00
  • アクセス:個別記事参照

 

晴明神社

悪霊退散にご利益のある晴明神社。本殿脇には黄金の桃がある。

晴明神社(京都市左京区)は、1000年前に「神」になった安倍晴明公(あべのせいめいこう)をお祭りする神社です。

晴明公は、星座の運行から人の運命を読み解く「陰陽道」(おんみょうどう)の稀代の天才。

晴明神社のご利益は厄除けとともに、魔除けとされます。

晴明井(せいめいのいど)と呼ばれる不思議な井戸は、携帯の待ち受け画面にすると運気がアップするというジンクスがあります。

晴明神社の詳しい情報はこちら。

 

基本情報

  • 住所:京都府京都市上京区晴明町806
  • 電話:075(441)6460
  • 参拝時間:AM9:00〜PM6:00
  • アクセス:地下鉄烏丸線「今出川駅」下車、徒歩約12分

 

出世

関西には出世にちなんだ神社もあります。

以下の2社がその代表格と言えます。

 

豊国神社

主祭神の豊臣秀吉の像。

豊国神社(ほうこくじんじゃ)は、大阪城跡の一角にあり、農民から天下人にまで上り詰めた「豊臣秀吉公」をお祭りする神社です。

実はこの場所、国土の守護神ともされる「生國魂神社」(いくくにたまじんじゃ)や石山本願寺などがあったところでもあり、古くからのパワースポットと目されます。

秀吉公の生き様にあやかって、出世開運や仕事成就のご利益が頂けるとされます。

⇒豊国神社の詳しい情報はこちら。

 

基本情報

  • 住所:大阪府大阪市 中央区大阪城2-1
  • 電話: 06(6941)0229
  • アクセス:地下鉄「大阪ビジネスパーク駅」下車、徒歩約13分

 

熊野速玉大社

鳥居の朱が目に焼き付く熊野速玉大社の美しい拝殿。

熊野速玉大社(くまのはやたまたいしゃ)は、富貴隆昌(ふうきりゅうしょう)という聞きなれないご利益が伝わる神社です。

その意味は、地位が高まり財産が増えるご利益を指します

また、良縁につなぐための「縁切り」のご利益でも知られます。

朱が鮮やかな境内は、南国特有の明るい印象を受けますが、沖縄にとてもゆかりの深い神社であることは、あまり知られていません。

熊野速玉大社の詳しい個別記事はこちら

 

基本情報

  • 住所:和歌山県新宮市新宮1
  • 電話:0735(22)2533
  • 拝観時間:日出~日没(授与所はAM8:00~PM5:00)
  • 拝観料:無料(神宝館拝観500円)
  • アクセス:JR紀勢本線「新宮駅」下車、徒歩15分

 

運気好転

失敗続きの悪展開を断ち切るのに、神社への参拝というのもひとつの手ではないでしょうか

そんなご利益話が寄せられている神社がこちらです。

 

石上神宮

石上神宮に放たれた色とりどりの神鶏。

石上神宮(いそのかみじんぐう、奈良県天理市)は、いわば「神様の武器」がお祭りされている格式の高い神社です。

とくに神剣に宿る魂は、「起死回生の加護を授ける神様」との位置づけで崇拝されています。

また石上神宮は、いにしえの秘術をいまに伝える神秘的なパワースポットでもあり、「魂を活性化させる鎮魂法」(石上鎮魂法)が伝承されています。

神鶏が境内のあちこちにいるのも珍しいポイントです。

石上神宮の詳しい個別記事はこちら

 

基本情報

  • 住所:奈良県天理市布留町384
  • 電話:0743(62)0900
  • 拝観時間:AM5:30頃~PM5:30(開・閉門の時刻は季節ごとに変動)
  • アクセス:JR天理駅から奈良交通バス「石上神宮前」下車、徒歩約5分

 

日向大神宮(天の岩戸くぐり)

運気好転への信仰が寄せられる日向大神宮の天の岩戸。洞窟のようになっていて通り抜けができる。

日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)は、京の伊勢と呼ばれる歴史のある神社で、運気が好転する「天の岩戸」がとくに評判です。

人の背丈ほどの洞窟が「L字型」に貫通しており、正面から中に入って左手からくぐり抜けることができます。

また日向大神宮は、京都の隠れパワースポット的な存在でもあり、極端な混雑がないのが魅力です。

病気平癒の伝説を持つ霊水「朝日泉」なども湧き出ています。

 

基本情報

  • 住所:京都市山科区日ノ岡一切経谷町29
  • 電話:075(761)6639
  • 拝観時間:境内自由
  • アクセス:京都市営地下鉄東西線「蹴上駅」下車、徒歩約15分

 

方除け

方除は、悪い方位がもたらす影響を取り除くもので、引っ越しや旅行などの際にお願いするものです。

関西の中で超メジャー級は以下の2社です。

 

日吉大社

上部に合掌を乗せた日吉大社の鳥居。山王信仰のトレードマーク的存在だ。

日吉大社(ひよしたいしゃ)は滋賀を代表する方除け神社で、全国にある日吉系神社の総本社に当たります。

境内は東京ドーム10個分の広さを誇ります。

比叡山延暦寺を守護する神社であり、また、石清水八幡宮とともに平安京の鬼門を守ってきた一社にも位置づけられます。

背後にそびえる聖山「八王子山」山頂付近にある巨石(磐座)も、パワースポットとして必見です。

日吉大社の詳しい個別記事はこちら。

 

基本情報

  • 住所:滋賀県大津市坂本5-1-1
  • 電話:077(578)0009
  • 参拝時間:境内自由
  • 入苑協賛料:大人300円(中学生以上)、小人150円、小学生以下無料
  • アクセス:京阪「坂本駅」下車、徒歩約10分

 

城南宮

方除け神社の定番ともいえる城南宮の本殿。落ち着いたカラーで重厚感がある。

城南宮(じょうなんぐう)は、京都の町を厄災から守護する「京都5社」の一社です。

特に方除(ほうよけ)の知名度は全国区で、「人間関係を円満にする」との信仰も根強く残っています。

伏見八名水のひとつ「菊水若水」(きくすいわかみず)が湧き出るパワースポットでもあり、いまも病気平癒への信仰が残っています。

 

城南宮の詳しい個別記事はこちら

 

基本情報

  • 住所:京都市伏見区中島鳥羽離宮町7
  • 電話:075(623)0846
  • 参拝時間:境内自由
  • アクセス:近鉄・京都市営地下鉄「竹田駅」下車、徒歩約15分

 

学業成就・受験合格

学業成就といえば天神社ですが、世界遺産に登録される穴場の神社も。

その2つをご紹介します。

 

北野天満宮

学問の神様を祭る天満神社の総本宮「北野天満宮」の楼門。

勉学、受験の心強い神さまといえば「学問の神様」に位置づけられる天神様です。

全国にある「天満宮」「天満神社」の総本宮にあたるのが、京都の北野天満宮。

受験シーズンになると合格祈願の参拝者でにぎわいをみせます。

 

基本情報

  • 住所:京都市上京区馬喰町
  • 電話:075(461)0005
  • 楼門開閉:AM5:30~PM5:30(10月~3月、以降)
  • アクセス:京福電車「白梅町駅」下車、徒歩5分

 

宇治上神社

国宝に指定される宇治上神社の本殿。

宇治上神社は、世界遺産に登録されている神社です。

お祭りされているのは菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)をはじめとする3柱。

菟道稚郎子命は、学問・儒教を極めた頭脳明晰な方だったため、学業成就・受験合格への信仰が寄せられるようになりました。

現存する唯一の宇治七名水「桐原水」が湧き出ています。

 

基本情報

  • 住所:京都府宇治市宇治山田59
  • 電話:0774(21)4634
  • 駐車場:宇治神社駐車場へ(1日700円、35台)
  • 拝観時間:AM9:00~PM4:30( 季節により変更有)
  • 京阪宇治線「宇治駅」下車、徒歩約10分

 

⇒宇治上神社の詳しい過去記事はこちら。

 

関西 神社別ご利益 まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回紹介した神社別のご利益は、あくまでも目安です。

神社のご利益は多岐にわたっているケースが多く、基本的には「神様とのご縁」でその効果が決まるといわれます。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。







-関西のパワースポット
-, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

元全国紙記者。2017年に独立。ライフワークの聖地巡礼を兼ねて、ブログを始める。神社本庁総長や大僧正、大学教授など有識者への取材経験も豊富。編集者としてのキャリアは20年以上となる。

⇒詳しい運営者情報はこちら