パワースポット編集局 POW!

全国都道府県別のパワースポットを網羅 おすすめから穴場までアクセス情報も詳しく紹介

関西のパワースポット

北野天満神社【神戸】恋愛成就のパワースポット 叶い鯉・おみくじ・ご利益も<ルポ>

投稿日:2018年5月29日 更新日:

恋をかなえる「願い鯉」。北野天満神社が誇る恋愛成就のパワースポット。

北野天満神社(神戸市)は、「恋愛成就のパワースポット」で、水かけ祈願「叶い鯉」(かないこい)が有名な神社です。

北野天満神社は、異人館の象徴「風見鶏の館」のすぐそば、神戸の街を一望する北野坂の高台にあり、素晴らしい眺望が楽しめます。

また学問の神様をお祭りする神社として、合格祈願に訪れる学生も目立ちます。

さらに北野天満神社には数種類のおみくじがあり、切れ味の鋭い言葉が一言だけ記された「恋みくじ」は笑えます。

「出会うときは出会う」「人の話を聞かんかい」など、吉凶はそのよく分らない一言から読み解かねばなりません

 

今回は、天空のパワースポット「北野天満神社」を訪ねましたので、ご利益や恋みくじ、アクセス情報などを含めて紹介します。

 

北野天満神社 神戸観光の楽しさ2倍に

サターンの椅子で知られる山手八番館のほど近く。学業成就と恋愛にご利益のある北野天満神社。

北野天満神社は、異国情緒のあふれる異人館が立ち並ぶ街「北野坂」の一角に鎮座します。

はるか神戸の港までを見渡す眺望が素晴らしく、訪れる人を魅了してやみません。

北野天満神社のすぐそばには、異人館の象徴的存在「風見鶏の館」があり、ここは絶好の撮影ポイントでもあります。

 

御祭神は、学問の神様で知られる「菅原道真公」(すがわらのみちざねこう)。

いまから1000年近く前、平清盛が京都から神戸に都を移す際、皇室の守護と鬼門鎮護を目的に、京都の北野天満宮から神様をお迎えして祭られました。

 

「サターンの椅子」がある山手八番館のすぐそばということもあり、あわせて訪ねたいパワースポットです。

 

管理人自身も「サターンの椅子」の取材を終え、神戸観光の楽しみもっと膨らますために、北野天満神社を訪ねる流れになりました。

記事にしておりますので、ご興味のある方はぜひお読みください。

サターンの椅子の詳しい情報はこちら

 

北野天満神社 見どころ

北野天満神社は、そんなに大きな神社ではありませんので、見どころは厳選されます。

北野天満神社は、近隣にある願いをかなえてくる「サターンの椅子」(山手八番館)や異人館への旅行などと合わせていくのがおすすめです。

 

叶い鯉【恋愛・金運・仕事】成功の願い託す

恋愛成就のパワースポット「かない鯉」。鯉に水をかけて祈願する縁起のいい場所だ。

鯉に水をかけて祈願すると願いが叶うといわれる北野天満神社の「叶い鯉」。

叶い鯉のある場所は、手と口を清めるための「手水舎」だったところです。

手水舎だったにも関わらず、古くから人々はここで自然と手を合わせました。

そこに一つの信仰が生まれ、水かけ祈願「叶い鯉」として手厚く守られるようになりました。

 

もともとは、語呂(ごろ)合わせからくる言霊信仰の一種です。

水を「鯉にかける」ところから、「恋にかける」として、恋愛成就のご利益を授かることができるとされました。

また鯉は「成功」を象徴するとても縁起のいい生き物でもあります。

実際に、ここで祈りを捧げ、思いを成就した人も少なくありません。

だらかこそ信仰として定着したわけです。

 

叶い鯉を目的に、遠方から北野天満神社を訪ねてくる参拝者の姿もありました。

話を聞くと「良縁を求めて女性同士できた」とのことでした。

 

風見鶏撮影所 港町・神戸のビューポイント

風見鶏の館を望む眺望。北野天満神社が天空の神社と呼ばれるゆえんがわかる。

北野天満神社に続く急な階段を登り、二の鳥居をくぐった先の左手に、風見鶏の館の撮影スポットがあります。

とても見晴らしの良い場所で、神戸の街を一望するのにも最高のポイントです。

案内板もありますので、迷うことはありません。

「神戸北野坂」は急な坂の連続ですので、疲れた体を休めながら、こちらでゆっくり景色を眺めるのも悪くありません。

 

ちなみに写真左手、重厚なレンガ造りの西洋館が「風見鶏の館」です。

 

北野天満神社【本殿】合格・学業成就にご利益

歴史のある本殿。学業成就へのご神徳が頂けるものとして厚い信仰を集める。

北野天満神社の本殿は、学問の神様として親しまれる菅原道真公(天神様)をお祭りしています。

恋愛成就とともに、合格・学業成就祈願に参拝する学生が多いのもこの北野天満神社の特徴です。

社伝によると、地名の「北野」 は、北野天満神社の「北野」が由来です。

 

北野天満神社 恋みくじ 3枚集めると文章に!?

北野天満神社の恋みくじは、一言のなかに自分で吉凶を読み取る特殊なおみくじです。

 

現代美術のアーティスト、イチハラヒロコさん作のユーモラスな言葉が人気のおみくじで、以下のような鋭い指摘が記されています。

  • 問題なのはむしろ大人
  • 人は見かけ
  • わたしには華がある
  • どたんば せとぎわ 崖っぷち
  • 好きなら好きと言えよ
  • 出会うときには出会う
  • それでもあなたを愛したい
  • 撤収。

 

「甘い汁は俺が吸う」など判断に迷う言葉も紛れていますが、仲間やカップルと一緒に挑戦すると、盛り上がること請け合いです。

3枚集めて文章にすると楽しさ倍増です。

初穂料は100円。

 

北野天満神社 御朱印

北野天満神社の御朱印です。

本殿横の授与所で頂けます。

 

北野天満神社 基本情報

北野天満神社の基本情報は以下の通りです。

 

御祭神 ご利益
 

菅原道真公

・学業成就
・芸能の神
・子ども守神
・厄除け
・恋愛成就

急な階段を登った先に待つのは北野天満神社の神聖な境内と絶景。頑張れると報われる。

 

  • 住所:兵庫県神戸市中央区北野町3-12-1
  • 電話:078(221)2139
  • 閉開門時間:AM7:30頃~PM5:00頃
  • 駐車場:なし

 

北野天満神社 交通アクセス&駐車場

北野天満神社に専用の駐車場はありません。

また、近隣は坂道が多く、道幅が狭い場所もあります。

駐車料金の関係や満車の可能性などから、JR新神戸駅近辺のコインパーキングなどがおすすめです。

 

電車での行き方

■JR・阪急・阪神・地下鉄三宮駅~
⇒徒歩約20分(タクシー10分)

■ 新幹線・新神戸駅~
⇒徒歩約15分(タクシー約5分)

 

車での行き方

・阪神高速神戸線「生田川IC」下車、約15分

 

MAP

 

北野天満神社 まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は神戸が誇る観光スポットのど真ん中にある北野天満神社を訪ねました。

まとめは以下の通りです。

 

  • 北野天満神社は恋愛成就のパワースポット
  • 願かけは縁起のいい「叶う鯉」で行う
  • 北野天満神社は合格祈願のご利益がある
  • 境内には「風見鶏の館」の撮影ポイントもある
  • 北野天満神社の恋みくじは笑える
  • 北野天満神社の御朱印はシンプルなデザイン

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

北野天満神社のすぐそばに、願いの叶うサターンの椅子で知られる山手八番館があります。

面白いところですので、ぜひ訪ねてみてください。

サターンの椅子の詳しい情報はこちら

内容を更新、充実させていきますので、ご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

-関西のパワースポット
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

【京都 初詣】2019 おすすめ神社は?イチオシから定番、穴場まで

今年1年の誓いや願いを神様に届ける初詣(はつもうで)。 「一年の計は元旦にあり」といいますが、大きな目標であれ、ささやかな幸せであれ、自分の気持ちに軸を立てる意味からも、初詣の風習には深い意義があるの …

晴明神社【パワースポット・ルポ】晴明井の井戸水は万病にご利益!?厄除桃・占い・御朱印も

晴明神社(京都市左京区)は、1000年前に「神」になった安倍晴明公(あべのせいめいこう)をお祭りする神社です。 晴明公は、星座の運行から人の運命を読み解く「陰陽道」(おんみょうどう)の稀代の天才。 晴 …

伏見稲荷大社は金運アップのパワースポット【ルポ】属性説は俗説!?見どころや効果紹介

伏見稲荷大社(京都市伏見区)は、京都でも「超メジャー級」のパワースポットです。 伏見稲荷大社は、「千本鳥居」など見どころが多く、外国人観光客の姿も目立ちますが、何かと誤解の多い神社でもあります。 「狐 …

城南宮ルポ【パワースポット-京都】方除・厄除けにご利益,御朱印,お守り,アクセス,駐車場も

城南宮(じょうなんぐう、京都市伏見区)は、京都の町を厄災から守護する「京都5社」の一社で、方除(ほうよけ)や厄除けのご利益で名高いパワースポットです。 方除というのは、「悪い方位」がもたらす影響を取り …

関西最強パワースポット×旅|家族・デートでおでかけ「おすすめ4選」

関西には、家族旅行やデートコースにおすすめのパワースポットがいつくもあります。 子供やパートナーと一緒に夢を託す「願掛け」を楽しんだり、地元のグルメに舌鼓を打ったり。 旅行のメニューに組み込むだけで、 …

元全国紙記者。2017年に独立。ライフワークの聖地巡礼を兼ねて、ブログを始める。神社本庁総長や大僧正、大学教授など有識者への取材経験も豊富。編集者としてのキャリアは20年以上となる。

⇒詳しい運営者情報はこちら